フォト

リンク/アフィリエイト/プライバシーポリシー/免責事項

スポンサーリンク

  • 株式投資
  • つぶやき
  • FX 自動売買
  • 海外散歩
  • 格安SIM
  • アフィリエイト

おススメ商品

  • 散歩
  • アマチュア無線
  • FX(自動売買)
  • アフェリエイト
  • 手話

« ココログで独自ドメインを使ってみよう(HTTPS化編) | トップページ | アマチュア無線 電波が地球の裏側から到達? »

2019年11月16日 (土)

朝晩が冷えてきましたね。外出時の気温は気になりませんか?

Sp_20191116111801

北海道・東北地方で雪が降って、東京でも朝の気温が10度を下回ってついに冬の足音が聞こえてきましたね。

どんどん寒くなりますが、出かける時の気温って気になりませんか?
そこで本日紹介する商品は、家の中にいて外の気温が確認できる温湿度計『Beho 屋内屋外の無線体温計のゲージの天気ステーション KG218』です。

色々な種類が発売されておりますが、私が紹介する商品には温湿度以外にお出掛けけ時に気になる天気予報電波時計で無いのが残念ですが時計機能がついております。

1.ワイヤレスで室外計と接続
2.温度・湿度両方計測(室内のみ)
3.時計・カレンダー表示機能付き
4.気圧を計測し天気を予報

Sp_20191116112201Sp_20191116112202


 

 

 

写真左(上)は本体と写真右(下)が室外計の外観です。
本体は上から天気予報・時計(日付に切替可能)・室内温湿度表示・室外温度の4段表示です。
室外計には小さい画面で温度が表示され、取付用のブラケットが付属しています。

どちらも乾電池を使用します。カタログでは本体は単三電池2本で約1年、室外計は単四電池2本で約2年稼働が出来ると書いてあります。
私は購入して8ヶ月が経ちましたが、まだどちらの電池も交換せずに稼働しております。

基本的な仕様は 室内温度:-9.9℃~+60℃、湿度:20%~99%の範囲、室外温度は:-40℃~+65℃の範囲で計測できます。、
本体との通信距離は約80mとカタログと書いてありますが(使用した感じでは建物で遮られますので、我が家では20mくらいが通信可能な距離でした。)

Sp_20191116112301

本体はスタンドがついてますので、壁掛け以外に卓上でも利用可能です。

Sp_20191116112302Sp_20191116112303

その他に本体側ではアラーム機能、室内(温湿度)室外(温度)の最大・最小値表示、更に 緑のバックライトがボタンを押したときに約10秒点灯します。

※ 一つこの商品には電池の入れ方にコツがあるようです。私の場合は本体に電池を入れその後スグに室外計に電池を入れる順番でないと、一番下の外気温が表示しませんでしたのでお気を付けて下さい。

外出時の服装選びに天気・温度が室内で確認できる『自称:卓上時計』はいかがでしょうか。

**************************************************

« ココログで独自ドメインを使ってみよう(HTTPS化編) | トップページ | アマチュア無線 電波が地球の裏側から到達? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ココログで独自ドメインを使ってみよう(HTTPS化編) | トップページ | アマチュア無線 電波が地球の裏側から到達? »