フォト

リンク/アフィリエイト/プライバシーポリシー/免責事項

スポンサーリンク

  • 株式投資
  • つぶやき
  • FX 自動売買
    為替
  • 海外散歩
  • 格安SIM
  • アフィリエイト

おススメ商品

  • 散歩
  • アマチュア無線
  • FX(自動売買)
  • アフェリエイト
  • 手話

« ソロツーリングの必需品(その1)パンクトラブル対応 | トップページ | つくば市の散歩道 »

2020年11月15日 (日)

ソロツーリングの必需品(その2)バッテリートラブル対応

6c516988cb614e49b9bc29d336d996ac

その1ではパンク時の対応についての商品を紹介しましたが、今回はバッテリートラブル対応商品として『Foval 12Vバッテリー充電器 バイク充電器 車バッテリー充電器 バッテリーテンダー バッテリーチャージャー 1000mA』を紹介します。

2597d60702814bdcbf91208ab4d393ceDdd17b56b84647ad9734d2ab25502148

大きさは単行本の倍くらいの箱に収納されており、本体とワニグチクリップケーブル、端子ケーブルの2本がセットとなっております。

4c5c984e9d74422b907a8028131189e0

本体の大きさは単行本の約半分でACコンセント側のケーブルは短く、バッテリー側のケーブルが長い仕様になっております。

4464e99852434d9dace3dcc73d226b91C82b229e793b421d8fd3befa4a693f34

バッテリー接続ケーブルは2種類の内通常良く使われているワニグチクリップタイプとバッテリーに常時接続し利用できる端子型のケーブルが用意されており、本体側のケーブルと接続し使用します。 

5ea92241d85b4319b87f9e0e9b2e5ff44df7580b48764cc5ab2b53fc97247ed3

私のオートバイのバッテリーはステップ下にあります。まずゴムのスッテプカバーを外し、更にバッテリーカバーのネジを外します。

Fcd47366983b41de9d0770c43bbff6c7E3444e4edeef4d588f50632fd770b3d7

 

 

やっとバッテリーが現れましたのでワニグチクリップで挟むか 、常時接続タイプの端子を接続します。

8c41fc7e644840da8265c70d1a527f32

常時接続タイプを取り付けておくと、利用時にいちいちバッテリカバーのネジを外さずにケーブルのみ引き出して利用できるで便利です。(本体と接続する側には保護キャップがついております)

Ee20c6f80cbd4104a5603833e0142fc3

F83c76ef5a484c7488f08dfad5035184

本体には赤、緑、黄色のインジケータがついており、バッテリと本体を接続し電源をいれ正常なら緑、異常時は赤が点灯します。
充電が自動にスタートして完了したら黄色いインジケータが点灯します(トリクル充電には対応してないようなので充電が完了したら早めに充電器を外した方が良いですね) 

0b0dfc723fd84d909f6c3c6e17828de7A631229b69d0433ca1dfdad8732401e7

前回その1で紹介したパンク修理キット、エアーポンプと今回紹介の充電器を100円ショップで購入したA4ファイルサイズのバックに一緒に収納できました。これでオートバイの収納スペースにかさばらず、また常時入れておかなくても運転する時ちょこっと持っていく事ができます。
2回に分けてソロツーリングの必需品を紹介しましたが、何よりも利用する事が無い事が一番ですね。安全第一でオートバイを楽しみましょう。

« ソロツーリングの必需品(その1)パンクトラブル対応 | トップページ | つくば市の散歩道 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソロツーリングの必需品(その1)パンクトラブル対応 | トップページ | つくば市の散歩道 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

プロバイダー

  • スポンサーリンク