フォト

リンク/アフィリエイト/プライバシーポリシー/免責事項

スポンサーリンク

  • 株式投資
  • つぶやき
  • FX 自動売買
    為替
  • 海外散歩
  • 格安SIM
  • アフィリエイト

おススメ商品

  • 散歩
  • アマチュア無線
  • FX(自動売買)
  • アフェリエイト
  • 手話

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月20日 (日)

無料ブログでの無効トラフィック対策例

Photo_20201205173101

今年の8月ころから『Gooogleアドセンス』から無効トラフィックの問題で警告メッセージ(広告表示数の制限)が合計4回ほど届きました。この制限が発生したのは、メインのドメインをマッピングした無料ブログ(ココログ)とサブドメインでWordPressを利用した二つのブログです。

この問題が発生した原因は4回に及ぶ警告への対策結果から、推測ではありますが無料ブログ側の閲覧状態に問題があったようです。
各サイトでの対策内容を調べたりAdSenseコミュニティ―に相談して最終的に効果がでた対策は【 AdSenseの自動広告表示設定にて『ブログのHome画面』と『-indexのアドレスを含む画面』を除外ページに設定することでした 】

具体的な方法は、Adsenseのサイトを開いて広告タブをクリックします。次に該当するサイトの編集をクリックしへ週画面を開きます。
ページが開きましたら、『ページ除外』の管理をクリック。

Adsense1 Adsense2  

管理タブが開き『次のページには自動広告は表示しません』とでてきますので、単独のページなら『このページのみ』にチェックしページのURLを追加し、INDXのように複数の連続したぺーじなら『セクションに属するすべてのページ』にチェックし共通するURL部分を追加します。

Adsense3

これで異常な回数等閲覧されていたページには広告が表示されず(自動広告に限りますが)にトラフィック問題が解消されました。そこに至るまでの経緯を下記に記載しますので私と同じく無料ブログを利用して困っている方の参考になれば幸いです!(^^)!

<1回目の警告発生時>
1回目にメッセージが届いた時は『自分で間違って広告をクリック』したのかと思い何も対応せずにいました。その後メッセージを受取ってから約2週間ほどで解決済みとなりメッセージは消えましたが、広告表示回数は月に数回表示される程度で完全には復活しませんでした。

<2回目の警告発生時>
1回目のメッセージが消えてから約1ヶ月後に2回目のメッセージが届きました。
この時は今年6月にサブドメインでWordprseeを利用した別サイトをに立ち上げたばかりでしたので、そちらに何か影響があるもではないかと考えました。そこで対策用のプラグイン『AdSense Invalid Click Protector』を導入、更に自分のサイトをログインしている場合は自サイトを見ても広告表示しない様にするコードをAdsenseのコードに追加し対応しました。
対策後は前回同様約2週間ほどでメッセージが消えましたが、今回も広告表示数は少ないまま改善しませんでした。

<3回目の警告発生時>
さらにそれから2週間後に3回目のメッセージが届きました(-_-;)
今度は2回目の対策で導入したプラグイン表示では異常なアクセス等は検知しておりませんでした。ただし前回追加したコードが『不正なコード』とみられたのかと思い追加コードを削除、更に自動広告設定も一時解除し様子をみました。
その結果、約1週間でメッセージは消えましたが、やはり広告数は増えないままです。(T_T)/~~~

<4回目の警告発生時 >
この状態で様子をみていましたが、ついに4回目のメッセージが届きました。
しかも今までは気にしておりませんでしたが制限実施日が最初のメッセージを受けた8月の日付が記載されていることに気が付きました。いままでの対策が的を得ていなかったのです(T_T)。この時点で最期に残されたのは無料ブログ(ココログ)での対応だけです。

ここからは毎日、ココログメニューにある『アクセス解析』を利用し、閲覧者のデータをコマ目に調べました。その結果、下記の異常状態を発見する事ができました。

  • 同一人物がインデックスページだけを短時間にめくって閲覧されている。
  • 海外の異なるIPアドレスからホーム画面だけを1日に何回も閲覧されている。

解析にて異常閲覧がわかりましたが、無料ブログでは利用者側でwordprseeの様に対策用のプラグインを導入する事も、特定の国やアドレスをブロックする事もできません。ココログさんのサポートに相談し調査頂きましたが、

ココログのサーバーの負荷となるアクセス等につきましては監視して、
過剰なアクセスにつきましては制限をしております。
しかしながら、今回のアクセスの状況を確認いたしましたところ
現時点ではアクセス状況は巨大なアクセス数ではないため、
制限はできかねる状況でございした。

との回答を頂きました。でやはり個人的なブログのみに影響を及ぼすアクセスへの対応は難しいとの事ですね。

何か自分で対策できる事はないかといろいろ調べ最後の望みをかけ、アクセス解析で異常な閲覧と感じたページに対してAdSenseのサイトの広告設定メニューにて『Home画面』と『-indexのアドレスを含む画面』を除外ページに設定し対策を取る事にしました。その結果、過去3回と同様に約1週間でメッセージが消え、さらに広告表示回数も今度は4か月ぶりに元の状態に戻ることができました!(^^)!

 

ココログさんの無料ブログ側での影響なら対応は出来ずwordprseeに引っ越しまで考えておりましたが、4回目の対応でどちらのブログ(無料、wordprsee)も問題なく広告を表示して頂いており、本当に良かったです。

同じ様なメッセージを受けお困りの方がいらっしゃいましたら、対策例の一つとして参考になれば幸いです。

2020年12月13日 (日)

今の時期だからワン株を利用し企業を応援してみませんか?

S

少ない資金で企業を応援できる『マネックス証券』ワン株を紹介します。何と言っても1回の約定ごとに手数料が約定代金の0.5%(最低48円)発生しますが単元(100株)未満の1株(ワン株)から購入が可能なのです。口座開設後は即時入金サービスを利用する事で休日・夜中でも少ない金額(1,000円でも出来ました)を手数料なしで入金して直ぐに取引が始められます。

仮にマネックス証券グループの株を購入するとした場合、2020年12月4日現在株価は1株329円ですので通常は単元株数(100株)単位での取引きとなり最低取引額として32,900円が必要となります。さすがにこの金額は、なかなか一度の購入は思い切りのいる金額ですね(-_-;)

そこで、毎月少しづつ購入できる『ワン株を利用して目的の銘柄を少しづつ手に入れるのはいかがでしょうか。余裕が出来た時には取得株数を増し、そうでない時は1株づつ取得していけますよ。また、他の株を購入し余った金額で株単価が低い他銘柄に挑戦する事も可能なのです。
さすがに単元株数(100株)に達するまでは株主優待を受ける事は出来ませんが、配当金は取得株数分受け取る事が可能です。

もう一つ注意が必要です。購入時には希望購入価格を指定しての指値での取引はできません、注文当日のその日の相場である成行で購入となります。(休日に注文は出来ますが、市場が開いた最初の日での購入となります)

少しの金額でお目当ての企業を応援してみるのは如何でしょうか。

******************************************

2020年12月 6日 (日)

週末副業 FX自動売買自作プログラム 11月の結果は?

Fx_progrms

11月はアメリカ大統領選挙中の1日~8日まで一週間取引をお休みしておりました。それが幸いしたのか自動売買での結果は勝率100%を達成し利益を得る事ができました!(^^)! 

今年もあと一ヶ月を残して現在のところ平均勝率が60%と好調で(バックテストでは勝率50%以上あれば利益が確保ができています)、利益率も1月1日現在の余剰証拠金比率との換算で56%と年間目標の80%(月々5%の利益の積み上げた結果)にあともう少しのところまで来ました。また今月の結果で8月から4か月連続で利益を確保していることになります。

先月に2017年7月の稼働開始以来積み重なった自動売買損失分をゼロに出来た程、今年は好調なトレードを続けております。このままの調子でいくと年間を通して初の利益確保が見えてきました。

週末の副業業務(本プログラム修正)もプログラム内容が充実してきたこともあり、売買の基本となっております移動平均線の係数を最適化する事に費やす時間(約1時間)だけで済むようになってきました。約3年半もの時間が掛かるりました本プログラムも、もうすぐ完成する時が来たみたいです。12月の結果が楽しみです。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

プロバイダー

  • スポンサーリンク